京王バス永福町営業所のバス運転手1名に新型コロナウイルスの感染が判明しました(2年4月10日)

 

ページ番号1059597  更新日 令和2年4月10日 印刷 

4月10日、区内にある京王バス永福町営業所のバス運転手1名に新型コロナウイルスの感染が判明したとの発表が京王バス東株式会社よりありました。
運転手は3月31日に発熱したため、同日より休務し、その後PCR検査を実施したところ、4月9日に陽性と判明しました。現在、区外の医療機関で加療中です。
運転手は、発熱後の出勤がなく、同社従業員、乗員を含め、濃厚接触者はおりません(なお、当該運転手は、2月中旬以降、同社が運行している区コミュニティバス「すぎ丸」けやき路線(阿佐ケ谷駅~浜田山駅間)及び、さくら路線(浜田山駅~下高井戸駅間)の運転に従事していません)。

同社では、手洗い、手指の消毒、咳エチケットの徹底のほか、車両の除菌、運行中の換気扇の常時使用、空気の入れ替え等を実施し、感染拡大防止を図ってきました。陽性判明後は全路線のバス車両について、あらためて必要な消毒を即時に実施し、安全を確保したうえで運行しています。

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部管理課交通企画担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) 03-5307-0793(直通) ファクス:03-5307-0689