共生社会しかけ隊と考えた応対 解決ヒント集

 

ページ番号1088088  更新日 令和5年9月13日 印刷 

障害のある方が窓口にいらしたら、あなたはどう応対しますか。
「声をかけたほうがいいだろうか」、「何をすれば良いのか」と悩み、なかなか行動に移せず、「もやもや」したことがありませんか。
実は、障害のある方も「どうしたら声をかけてもらえるだろうか」、「説明や誘導をもう少しわかりやすくしてくれたら」といった「もやもや」を感じていることがあります。
「共生社会しかけ隊」とは、障害のある人や支援者が、地域で関わるさまざまな場所に出向き、出向いた場所のスタッフ(職員)とともに、一緒に話し合い、それぞれが感じている困りごとを共に工夫して解決するという取り組みです。
解決には正解がありません。相手のことを知り、その人に会った支援(合理的配慮)を対話を通して考えることが大切です。
杉並区では、対話をしながら工夫して解決した事例を「解決ヒント集」にまとめ、さまざまな場所に広げることで、障害の有無にかかわらず誰もが暮らしやすいまちづくりを目指しています。

スポーツ施設編

令和4年度初めてのしかけ隊は区立スポーツ施設(体育館6か所)で実施し、障害当事者と施設の職員がお互いの困りごと(もやもや)を出し合い、どうしたら「もやもや」を晴らせるかの解決方法を話し合いました。それぞれの場所で出された解決方法を「声かけ」、「説明」、「誘導」など応対場面ごとにまとめ、話し合う過程が伝わるよう、しかけ隊の言葉のままで紹介しています。ぜひ、解決のヒントとしてご活用ください。
なお、令和5年度以降の解決のヒントについても、このホームページで紹介していきます。

令和4年度 区立スポーツ施設

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部障害者施策課管理係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-8808