荻外荘復原整備工事

 

ページ番号1063544  更新日 令和4年7月7日 印刷 

復原整備工事は、令和4年(2022年)6月10日付けで、株式会社竹中工務店 東京本店と契約が成立しました。

令和4年7月1日から南側の芝生広場(遊び場108番)を閉鎖します
(仮称)荻外荘公園の整備工事に着手するため、これまで開放していた南側の芝生広場を、7月1日(金曜日)から閉鎖します。
閉鎖期間:令和4年(2022年)7月1日(金曜日)~令和6年(2024年)12月(予定)
芝生広場は、(仮称)荻外荘公園整備完了見込みの令和6年(2024年)12月から再びご利用いただける予定です。
荻外荘の復原に、どうぞご期待ください。

国指定史跡「荻外荘(近衞文麿旧宅)」復原整備工事に関する説明会資料

令和4年(2022年)6月30日(木曜日)に工事説明会を開催しました。当日の配布資料をご覧ください。

完成イメージ

完成イメージ1

完成イメージ2

完成イメージ3

平面図・立面図

整備平面図

立面図


応援してください 荻外荘復原・整備プロジェクト
「荻外荘復原・整備プロジェクト」は、日本の針路を左右する重要な会談の舞台となった「荻外荘」を、近衞居住時代の姿に復原し、史跡公園として整備する取り組みです。史跡公園は、令和6年12月の公開を目指しています。日本を代表する建築家 伊東忠太設計による現存する数少ない邸宅建築でもある荻外荘。その復原・整備は、区民の方だけでなく、日本全国の幅広い方々からご寄附を募り、本プロジェクトへのご理解とご賛同を得ながら進めていきたいと考えています。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部みどり公園課みどりの計画係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0697